読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep Empowerment

リーダーシップ、そしてバス釣り

サーバント・リーダーシップ入門

マネジメント

数年前に買って読めてなかったですが、ようやく読みました。 金井先生、いつも(本の中で)お世話になってます。

リーダーシップとは?

フォロワーが「この人ならついていきたい」と自然とついてくる状態。 それは、誠実さなどの人間性、世界観などのビジョン、背負っている覚悟・コミットメント、能力などに信頼しているからこそ、自然とついてきてくれる。

サーバント・リーダーシップとは?

強引に目標やミッションを押し付け、仕事をさせるのではなく、メンバーがやりたい!と思える状態になるよう導き、付き添うようなスタイルなんだと思う。本では、サーバントは奉仕・尽くすとある。メンバーの事を心の底から支え、行くべき方向にいけるよう尽くす事。

但し、召使の様に寄り添うのとは違う。あくまで、メンバーの為に、成長のために奉仕の精神を持つこと。

ビジョンが重要

ただサーバントであれば良いわけではない、部長なのであれば、部署や組織の未来のあるべき姿を描き、そこに行くのだという高いコミットメントが必須だと考える。それがないと、方向性が見えず、ただメンバーがやりやすい方向に行くだけ。それでは会社、組織の成長は見込めない。

なので、リーダーが一番ビジョンを描き、それをメンバーが目指したいと思うまでいい続け、ただ押し付けるのではなく、寄り添う様に支え続けることが必要だと考える。

目先のコトに寄り添うべきか?

そう考えていると、目標を見失い、パワーをなくしているメンバーに優しく寄り添うべきか?と考えることがある。 本当に大事なことは、現状に寄り添うのではなく、未来に寄り添うべきであるから、ただ手を差し伸べることがいいとは限らないケースもある。

本当にメンバーが成長し、あるべきものをつかめるようにするためには、時には厳しい事を求め続けることも必要なのかもしれない。

ボトムアップ組織とは

マネジメント

よく聞く言葉ですね。反対はトップダウン。 本当のボトムアップ組織とは何でしょう?

仕事の捉え方がかわる

仕事の仕方が違う? トップダウンなら、業務内容が上からおりてくる。メンバーは上司の言うことに従いそれをこなす。要はHowまで管理されている状態。ボトムアップなら、目的やミッションを渡され、自ら考え結果を追いかける。Howは任されている状態。

そうなっていれば、メンバーは自由に考え結果にも責任をもち頑張れるだろう。 トップダウンならやることが仕事なので、結果に責任を感じにくい。

これはよく聞きますね。

メンバーに諦めさせてはいけない、常に期待させる

本当のボトムアップ組織は、更にメンバーが上司に意見を言える組織じゃないかと思う。 そうでない組織はきっと見えない力が働いている。

  • 言っても聞いてもらえない
  • 言っても変わらない
  • 言ってもごまかされる
  • 言っても言い負かされる

などなど諦めや恐れがある。それじゃあ、Howは任されても、それ以上大きな変化は生まれない。 いい上司はメンバーから意見をたくさんもらえる上司、更に、いい会社は経営幹部も役員など上層部に遠慮なく意見を言える組織。

意見のパワーが常に上から抑えられるのではなく、下から突き上げられる状態。そんな会社は社員も幹部もどんどん役員のレベルを超えて会社全体が成長するのではないか。

人は楽な方に流れるもの

人間出来ること、わかる範囲に対してコミットすることは容易いので、どうしても、メンバーが劣っているところに目が行き、指摘してしまう。それは簡単なことだから、自分が解決できそうだから。そういうループが押さえつけの一つの力学になっていると思う。

上司が成長しないで、チャレンジしないで、メンバーは成長、チャレンジできるだろうか? そう考えれば、上司はもっと自分がチャレンジし、成長できる事。つまり今の自分ではできないことと向き合う努力をすべき。 メンバーを信じ、任せ、彼らにも同じように機会を作りたい。

マネジメントとしての仕事

とはいっても、なんでも自由ではいけない、視座や能力、価値観、人間性によりわがままが許される組織ではいけない。 その中で大事にしないといけないマネジメントとしての仕事は、その会社としての価値観、人間性を伝え続けることではないだろうか?

後は、メンバーを心の底から信じ、期待し、そんな素晴らしい彼らが生み出す価値を最大化する土壌を整えることだろうか。

こんな綺麗事のように思える組織があると、実現できると信じたい。